BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【神楽坂】不二家 飯田橋神楽坂店 健在!人気のペコちゃん焼 昔はダミヤン焼と呼んだょ


スポンサーリンク

【神楽坂】不二家 飯田橋神楽坂店

日本にここだけ

が強いウリの神楽坂下不二家のペコちゃん焼。

わたしは、この不二家から一番近い大学に通っていたのですが当時より人気商品でした。いまほどの行列ではないのですが、買いたいときはちょっと待つ感じ。値段は1個60円くらいでした。

ペコちゃんのご尊顔の無表情っぷりは当時から変わりません。コンサバ。

60円とはいえ、自分で買うなんてちょっと贅沢、何と言っても質実剛健がウリの大学でしたから。なので、先輩が

「ねー、だれかダミヤン焼買ってきてー」

という声がかかるといそいそと買いに行ったものでした。

パシリすると駄賃で1個おごってもらえますから(笑)

アツアツを買ってくると、すぐにペコちゃんをダミヤンに変身させる儀式がはじまります。今の流行の言葉でいうならばなんちゃってアルケミストです。

ペコちゃんのご尊顔、くちのあたりにぐっと力をいれ、その部分の皮に裂け目を入れます。

そして、ほかの部分が割れないように後ろからぐっと力をいれると、お口からエクトプラズムのように中にはいっているクリームが放出されます。

「でたー、ダミアン(ノ´▽`)ノ」

とみんな大喜びでそのあと放出されたクリームも残らず食すのです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そんなことを思い出しながら並んでいること約10分。今は何種類もテイストがあるペコちゃん焼を2個購入することができました。

あいかわらずの無表情。

こわいなぁ、と思いながらいただいてみると、甘くておいしい♪

でもこの表情は子供泣くよ。こわいもんw

待っている間に、トリミング前のペコちゃんズをぱちり。

並んでいるとさらにこわい・・・(笑)

でも、どれだけコワくても、ティータイムにいただくにはなごみますよね(笑)そういった意味でもこのペコちゃん焼は永遠に不滅です、と声を大にして言いたい。

えっ、なんで、ダミヤン?

当時はやった、オーメンという映画の主人公ダミヤンにちなんで名づけられたんですよ。時はバブルちょっと前、こんなささいなことでも楽しかったんです。でも、だれも粗末に扱わずにちゃんと残さず食していましたから、リスペクトなネーミングだと思います☆

不二家 飯田橋神楽坂店 (スイーツ(その他) / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2