BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【神楽坂】 金谷ホテルベーカリー 神楽坂店 流れる空気が清々しいパンやさん


スポンサーリンク

【神楽坂】 金谷ホテルベーカリー 神楽坂店

飯田橋トロールで神楽坂を毘沙門天まで上がって行きました。毘沙門天が嵐のチケットを願う絵馬の聖地になっているとはつゆしらず、その人々の熱気におされつつ(って絵馬に負けてどうすんねんっ)、それ以上あがって行くのをやめてくだることにしました。

本当は大久保通りまであがっていって元気があったら細工町のあたりまで行ってみたかったのですが(←意味不明w)

坂をおりるにあたっては、毘沙門天と反対側を歩こうとするとすぐに金谷ホテルと書いてあるこじんまりとしたパン屋さんを発見しました。

え?あの金谷ホテル?といぶかしげに思いながらも入店してみると、なんとまあ、清々しい空気なんでしょうか。

常連とおぼしきご年配の男性がいろいろ見繕っていらっしゃいます。わたしも負けてはいられません。2点選んで購入してみました。

まずは、今月限定なブルーベリーのベーグル。胡桃がはいっており、真ん中にはチーズがはさまっています。甘酸っぱいのとしょっぱいの、両方楽しめました。

ジャムトルテ。いやー、パンをPCにのっけて画像撮るなよっていうハナシですが、お許しください。

真ん中に甘酸っぱいジャムがはいっていまして、上部にはココアパウダーがかかっています。素朴ななつかしい味です。郷愁をさそいます。

ともにモダンな味ではないんです、正直申して。でも、なつかしく、おいしく、清々しいんですよね。不思議。

そうそう、その先にお店にいらしたご年配の男性。数点購入されて、いろいろ店員さんと話されていました。包装をする店員さんがわたしが待っているのを気にしながらも、ちゃんと対応されていたんです。それで会計が終わると、店員さんのみならず、その男性まで、「お待たせしちゃってすみません」っておっしゃったんです。

なんか清々しいですよね。お客さまもこの店を愛されているんだな、と感じました。近くに行くときはまたおじゃましたいと思いました。

 

金谷ホテルベーカリー 神楽坂店パン / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5