BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【SIN】桃苑 Peach Garden チャンギ空港 T1 フードコート


スポンサーリンク

【SIN】桃苑 Peach Garden チャンギ空港 T1 フードコート

【誕生日記念】ここまでやるかという旅程でアブダビいきました シリーズ

⇒ http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12064914129.html

これでもか、これでもかという困難のなか、一筋の光明であったスリランカ航空のビリヤニ(⇒http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12058625719.html)で運気が上がったはずのわたしは、チャンギ到着後、18時頃に、翌日の搭乗券をもらうべく、T3からいそいそとJLがあるT1のトランジットカウンターを目指しました。

自分の脳内プランでは、

搭乗券すぐにもらえる ⇒ QFラウンジもう一度、そこからプラプラして、24時間オープンラウンジプラプラ ⇒ 翌朝の成田行き搭乗

といういわゆる「ラウンジ野宿」というものでした。さらに、搭乗券もらう時になんとなく、鼻滝なんですけど、って言ったら同情されて、夜の羽田行に変更していいよ、とか言ってくれないかなとか下心も一瞬思ったんですケド。

あっけなく、破れました。

「だって、満席よ、羽田行。それに、あなた成田行き。羽田じゃないじゃない。それに、成田行きではエグジットローだから、そっちのほうがいいし、薬局で薬買って、どっかで時間つぶして明日帰りなさいよ。」

はいそうですね、おっしゃるとおりですね、一瞬目の前が真っ暗になりまして、まずはトランジットカウンターから退散。ネットでホテルでも探すかと思ってみてみたのですが、、シロフクさん(⇒http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12067534180.html )の「チャンギ村」宿泊も脳内リフレインし、どこも結構お値段することがわかって、さらに意気消沈。

それに、ここでホテル泊まったら、修行尼じゃないということで、さらなる過酷な道を選ぶことにしました。初志貫徹空港野宿ですw

でも、そう言っても、何か食べたいな、と思って行ったのがこのT1のフードコートにある、中華です。

すでにこの段階で感覚はずいぶん麻痺しています。

ちなみに、コーンスープと、海老ワンタンメンとビールを頼みましたが、これで、もう3000円近くですよ。

お味は意外とおいしかったのでヨカッタです。でも、正常な判断ができる状態だったら絶対に行かないと思います。ビールは缶ビール900円くらいだもん。

なので、再訪はないと思います(笑)

このあとは、ホームレスのように空港を徘徊し、一瞬T2のあたりで寝れるところがあったので、寝て、我慢の限界で、プライオリティパスではいれるラウンジに行って、搭乗券が出る5時くらいにすぐBPをもらってから、SATSラウンジに避難しました。

やっぱりラウンジ野宿はなかなか大変です。ウェブチェックインをして、搭乗券をゲットした上じゃないともう怖くてできません(笑)良い教訓になりました。この海老ワンタンメンは教訓の味がしました。

(2015年8月)

Peach Garden Changi International Airport T1中華料理 / シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN) 周辺)