BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

◎機内食 TAM JJ GRUCDGサンパウロパリ Y 夕軽食


スポンサーリンク

機内食 TAM JJ GRUCDGサンパウロパリ Y 夕軽食

【地球の裏側】ミ・アモーレなブラジルに行きました シリーズ

⇒ http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12076570055.html

11月ですねっ!

いまだ、9月の旅行のブログを書いているんですが(笑)、このブラジル行きは人々にとっても、わたしの爆走っぷりを印象付けるものらしく、今でも、

「ブラジルってどうやって行ったんですか?」

的なことを尋ねられることがあります。

もちろん、飛行機で行ったんですがw、そういうことではなくて、いただくご質問の意図としては、

「エコノミー????」

とおっしゃりたいということは十分承知しておりまして、

「はい、そうですo(^▽^)o」

とお返事しますが、わたし的には全然大丈夫なんですよね。

もともと小市民と言うこともありますし、肉襦袢もばっちりなんで、疲れもしないし。

むしろ、最近わかってきたんですが、4-6時間くらいのエコノミーが自分的には一番堪えるなぁ、と。

寝るにも細切れ、機内サービスもブログねた的にもあんまりおもしろくない(笑)、中途半端に疲れるという、なんとも皮肉な事実が浮上してきました。偉そうで鼻持ちならない発言ですが、こればっかりは体験からくる結論なのでどうしようもない(笑)

さて。

前置きが長くなりました(笑)

とにかくお伝えしたいのは、TAMが結構粗雑だけど気に入って、快適だったということです(笑)今でも、なんかイラッとくることがあると、わざと、

「タァム」

サンパウロ空港にいた人がTAMをこう発音していたのをマネて自分自身を鼓舞したりするくらいです(ウソ

そのTAMの最後のフライト、パリ行きですが、機内食は相変わらず、手作り給食みたいでした。すでに配膳時には、夜中ですので、選択肢もなく、どんどん配られていきまして、なにかなぁ、とあけてみると・・・

はい、給食のパン。

コッペパンだよ。チーズがはさんであって温かいよ。

でも、まあ、これが、期待通りで意外とおいしい(笑)

サービスも、ちょくちょく水配布とかしてくれていたみたいで、それなりの気配りがある。

ですので、満足でしたよ。ド満席でしたけどね。

またブラジルに行く機会があったら、TAM乗りたいですラブラブ

(2015年9月)

↑↑ ランキングに参加しいます。応援クリックよろしくお願いします(^-^)/