BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【DOH】アルサファ クワイエットスペース Quiet space Al safwa


スポンサーリンク

【DOH】クワイエットスペース Quiet space Al safwa アルサファラウンジドーハ空港

カタール・ドーハ空港、カタール航空の新ファーストクラスラウンジ「Al Safwa」の目玉は何と言っても、クワイエットスペース、個別のホテルのような休憩エリアでしょう。

ここにいち早く行くためにわざわざ出かけて行ったのであります。

サインをちゃんと大きく画像に撮れってことですが、その時は興奮していてできませんでした(笑)でも水が流れる壁の奥、左側にクワイエットエリアがあり、そこに、クワイエットスペースとスパがあります。

スパは有料なのであまり利用者がいないみたいです。

受付に乗継フライトの搭乗券を渡し、そのうえで、お部屋をアサインしてもらいます。

その際に、フライトの時間と、だいたいおすすめのこのエリアを出ていく時間をお知らせしてくれます。ゲートが決まっているならばゲートまでの距離を勘案してアドバイスしてくれるでしょう。

ハマドは広くて、遠いゲートだと徒歩20分かかります。ピロピロ(クラブカーとかいう?)は、結構競争率と言うか、声高な人がゲットしやすいので、おしとやかな日本人は徒歩を覚悟しましょう。

doha al safwa first lounge

受付からは重厚なドアをあけて、クワイエットスペースに入って行きます。

IMG_20151120_161346105.jpg

どっからどうみてもこれはホテル。

それも無料w古事記冥利。

IMG_20151120_161346595.jpg

わたしは6番という角部屋wをいただきました。

カードキーはタッチすればおkです。

IMG_20151120_161350357.jpg

ところどころに植物も置いてあってなごみますね。

IMG_20151120_161349870.jpg

お部屋に入ると、カードキーを差し込んで、電気ON!

まるでホテル。

ちなみにカードは白でなにも書いてありませんでした。

doha al safwa first lounge

そして安らぎのオアシス、すばらしいベッドがあります。

これはどう見てもホテルw

高貴な色、紫のカバーはカタール航空ビジネスクラスで用いている毛布と同じ模様。なんて言ったらいいのかな、円を重ねあわせたり、ずらしたりしてできる中東の模様。

doha al safwa first lounge

オープンしてまだ間もないので、まくらもふかふか、無臭でしたw

リーディングライトもばっちりありますね。

ただ、目覚ましはなかったような気がします。

自分のものでしっかり起きて寝坊しないようにしないといけませんね。

クワイエットスペースの電源はユニバーサルではなくて、中東形のやつ。アダプタを受付で借りることができるかどうかは未確認。

USBもありませんでしたので、とりま日本人の持ち物の充電は、こちらではなく、ラウンジの休憩スペースでやるほかありません。

とは言え、ユニバーサルが休憩エリアにはこれでもか、というくらいあるので、ホントに安心。ヨーロッパ行くとないよね。泣きたくなるよ。(アダプタもってけってハナシですねw)

そしてなんとまあ薄型テレビまで。ちょうど、パリのがあったときだったので、なんとなくTVはつけっぱにして見てしまいました。

doha al safwa first lounge

さて、入ってからすぐにあるちいさなクローゼットに目をうつしましょうか。

(ちょっとshackinbabyさん風に文章をマネてみましたw)

こじんまりとしていますが、荷物をおくには十分なスペースです。

この左側のドアをあけてみるとウェットエリアです。

doha al safwa first lounge

ほとんどホテル。

いや、ホテル以上。

doha al safwa first lounge

バニティミラーももう標準装備だよね。

これないと最近はがっかりするくらいだ。贅沢。

doha al safwa first lounge

気になるアメニティは、個別包装のいろいろ。髭剃りもネイルファイルもありますよ。

doha al safwa first lounge

シャワーも清潔そのもの。

アメニティは、アルムゥジャンラウンジのシャワーと同じ、Ritualsでした。機内もそうですよね。

RitualsのHP ⇒ https://eu.rituals.com/en-nl/home

doha al safwa first lounge

残念ながら、雨シャワーではありませんが、固定と手持ちができるのと2種あります。これはありがたい。

ということで。

これ、トランジットホテルいらずです。

わたしは、ここに寄るために、わざわざ、ドーハでの乗り換え時間を7時間とりました(笑)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

いったん、部屋に入って、さあなんかタダ飯食べに行くかと思って、ラウンジに向かおうとすると、ちょうど利用しようとしている女性がいて、

「あなたも東洋人よね、アジアから来たら遠いからとにかく足を伸ばしたいわよね?」

とわたしに話しかけてくるので、心の中では

「ち、まだ修行尼としては甘いな。足を伸ばす工夫を知らないな。」

と思いつつも、「そうね♡」と返事をしておきました。まあ、だからなに、ってことですが、ほんとにここなら3日くらいの野宿もぜんぜん平気です。

みなさんも是非お試しください。

(2015年11月)

女一人旅ホテル  ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(^-^)/