BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

Cathay First and Business Class Loungeキャセイ成田ラウンジ


スポンサーリンク

【成田】Cathay First and Business Class Loungeキャセイ成田

【温故知新】ホーチミン パークハイアットサイゴン パトロールの旅 シリーズ

⇒ http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12099795636.html

旅の始まりは成田空港でした。チェックインをしようかなぁ、とふらふらとCXカウンターに歩み寄ると当然のごとくエコ・カウンターに振り分けられそうになり、「エメラルドなんですけど」と伝えると急に姿勢を正して、「ファーストクラスカウンターでどうぞ」と言われました。

大丈夫か?下請け会社のひと。そんなに態度かえる必要ないッスよ。

購入した航空券は激安Vクラスキャセイで調べて、楽ちんなので、AMEXのwebで購入しました。やっぱりホーチミンまではこれが安いですw

そんな激安で、なんか申し訳ない気もしましたが、長い列をみたらちょっと萎えたので、ありがたくワンワ・エメの利益を享受することにしました。

でもよかったです。そのチェックインのひと、スゲー仕事できる方で、なんていうんですか、同じ業界にいたからこそわかる空気感(って、そんなの存在するかどうかは科学的には証明されておらんw)で、あうんのサービスというか、こういう流れで進めてくれると安心というチェックインでした。できれば、羽田のKAに業務指導に行ってほしいくらい、テキパキ仕事をされていました。

なぜ、ここまで見切って偉そうに言うかというとw、わたし、いちお、よさげな席をとるために、事前座席指定の段階ではJGPの情報を入れて、ちょい前にカタールの情報を入れたのですが、その意図を直ぐ汲んでくれたからです。こういうのは、ごり押しとかじゃなくて、自然にやりたいことだし、その意図を考えて仕事していれば、ハンドリングの中で見えてくると言うのが仕事人。

おまけに、ファイルを取り出して、ちゃんとマイルが積算されるかどうかも確認してくださった上で、搭乗券とラウンジインビをくれました。その際に、「カタールはルビーですが、JALがエメラルドなので、わからない人が見たら、ダメというかもしれませんから、お手数ですが、JALのカードも、香港のラウンジで見せてください」とおっしゃったんです。もう、うっとり。

そして、いただいた搭乗券を見ると、ちゃんとコメントとして、PAXはJALでエメラルドもホールドしてる、ってはいってて、そこに蛍光ペンでアンダーラインがしてあるのです。これは感謝レターものです。すばらしい。ありがたい限りです。

遡ること25年(笑)、カイタク空港でキャセイのカウンターの人には、「あっちへ走れ」とか、「もう少し早く来い」とか叱られ続けたので、なんだか新鮮でした。

これは幸先がよさそうと思い、キャセイの成田のラウンジに向かいました。下心的には、JALのファーストクラスラウンジで寿司に群がる人々の図、というのを撮りたかったのですが、それには十分な時間もなく、そもそも、自分、フィッシュ食わん、たまごしか食わないじゃん、と思ったら、それは後回しでいいや、と思いました。実際、この放置民行きではJALラウンジは寄りませんでした。

キャセイのラウンジは、エレベーターであがったところにあります。場所の説明は皆さんご存知でしょうし割愛。

室内に入ると落ち着いた雰囲気のラウンジでした。

朝のフライトの時は前夜から寝ない・朝食もなしという習性なので、まずはなにかいただこうと思いまして、手にしたのはペリエ、ダニッシュ、クッキー。一通りいただいてから、室内探検にでました。

ただ、なんていうか、ちょっと偉そうな、アラフォー男性2人組みたいなのがいて、なんとなく、取材しづらくなってしまい(意外と小心者w)、おさめた画像は数枚だけでした。どうえらそうか、というと、デカい声で、「マイル、マルコ、ジェージースィー(ここ注意、JGCじゃなくて、ジェージースィーねww)」云々話してるんですよ。オマケに通る人通る人一瞥して、またマルコ、ジェージースィー云々。

そういうの、たしかにありがちだけど、もう少しエレガントがいいよね、と自戒したくなるような雰囲気。だっさww気を付けなきゃね。

ということで、控えめな探検画像。なんとなくわかるような、わからないような、ですね。彼らに遠慮もあったんだと思います。いえ、ちがいます、わたしの画像力のなさですww

アルコールもスタンバってます。

みんなダイスキ、ミニカップ麺。これ朝から行くとはかなり兵。

常に補充等されていて、快適なラウンジでした。

ちょっとだけいて、すぐに搭乗口に向かったのですが、その際に、またまた別のアラフォー中年おやじ二人組が出現していました。一人がなにかマルコのステータスを持ってるみたいですが二人で入室したいと言ったら、断られてたみたいでした。

あら、マルコお持ちなら、そんなにつれなくしなくても、と一瞬思いましたが、そのマルコ持ちが、

「○○さん、ほら、クレジットカード持ってないの?持ってたら今すぐラウンジ入れるのに」

とかおっしゃってて、多少のずれを感じたので、2秒前に感じた、つれなくしなくても、との感情はすべて消え去り、仕方ないなぁ、と感じた次第です。

こんな、JALとはちょっと異なる種の人類が生息するキャセイラウンジですが、朝は、JALラウンジは混んでいるので、こちらのほうがいいのかもしれないと思いました。また利用したいです。

(2015年10月)

女一人旅ホテル  ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(^-^)/

キャセイパシフィック ファーストアンドビジネスクラスラウンジ 成田空港その他 / 成田空港駅(空港第2ビル)東成田駅成田空港駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5