BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【BKS-BBA】変態旅程は一日にして成らず!ドヤァw その2


スポンサーリンク

【BKS-BBA】変態旅程は一日にして成らず!ドヤァw その2

こちら の続き。前回のおさらいをすると、変態旅程職人が職人芸をはじめて、まずは3時間バンコクタッチをしたあとにBKKNRTを飛ぶ、という旅程。

  

  

   NRTCGK

  (そのままQRアメリカ乗継ボストン)

   --- ここにはまだ旅程が入るw ---

  LAX⇒TYO⇒BKK タッチBKKNRT 

  MNL⇒HND⇒YVR

そのあとに太平洋線の手当てに行きます。それで買ったのがソウル発のNH太平洋線ですわ。

  

  

   NRTCGK

  (そのままQRアメリカ乗継ボストン)  

  GMPHND

  NRT⇒LAX

  LAX⇒TYO⇒BKK タッチBKKNRT 

  

  MNL⇒HND⇒YVR

  YVR⇒HND

  HNDGMP

わかりづらいかもですが、イタリックにしたGMPHND NRTLAX YVRHND HNDGMPというNHのソウル発北米西海岸行きのオープンジョーを買いました。これはぜんぶストップオーバーです。トランスファーはなし。

この出発のソウルですが、その前に、ソウル発福岡行きという航空券を買っていて、その続き、みたいなイメージです。こちらもNH。

えっ?ソウル発だからビジ?

いやいやいや、もちろん倒さないで眠るエコノミークラスですよビックリマーク

この航空券を探しているときに、ソウル発の北米はNHが強い(安い)という印象を受けました。てか、YVRはきっとどちらも苦戦しているのだろうなと。日本発着ではどうにもならんのはおわかりで、そこに何かつけて売るなら売っちまおうぜ、みたいな雰囲気かなとか。ま、これは勝手な想像。

他の場所も言うなら、北米発アジア行きは場所によりけりでNH、JLが良い勝負をします。ただ、MNLやKULのように、明らかにNHが後発の場所は激安になるときがあるかなと。

一方、ヨーロッパ発日本行はBAが安さをけん引しているので、その流れで、JLのほうが断トツ良いお値段がでます。ただし、除くドイツ語圏発。そこはルフト様をはじめとするスタアラ色が強いので、なぜかBAでもお安さがおとなしくなるようです。

オーストラリア発は、ダントツJLのほうが使い勝手がよかったです。ただ、アイエヌアイ(ANAをオージー風に発音するとマジこれw)もSYD発沖縄行とか結構頑張ってます。

あ、さらに話がそれますが、ひとつ変態旅程職人秘伝の技(オオゲサ)教えちゃうぜ。

海外発東京行きより、HNDで乗換をする、海外発沖縄行のほうが値段がお安いことが多々あります。とくに内航。なので、BtoBをやるときは、東京行きだけじゃなく、OKA行きもチェックしてみて。これ試験でるから、蛍光ペンで線引いておいてね♪

あ、それで、HNDOKAは捨てろ、なんてならずモノのことを推奨してるんじゃないですよ。そこはちゃんと乗って、OKAHNDはドメを新規に買って、フォッピー(FOP&PPのこと。今、おれが命名したw)を貯めてくださいね。

話を戻して。

ここまでは優雅な旅程なんですけど。

そう、残るのは、マニラまでどうやって行くかということ。

前も書きましたが、LCCがあることや、チラ見したら、PRの片道も安かったので、どうにかなるということはわかっていましたが、LCCもPRもマイルがつかないので、それはいやだなあと、ここでまた旅程探索の沼に入って行くのでありました。

そして、結果だけを先にお伝えしておくと、倒さないで眠るBKS-BBAもビックリ。歌舞伎揚げの味がする牛カツを機内食にだしてしまう民航(CA)を選んでしまうと言う・・・。

紫組3社じゃないと、なんて豪語してるくせに、大丈夫か、BKS-BBA(笑)

(つづく)

女一人旅ホテル ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(^-^)/