BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

マイラーの自己ネーミングに関する考察 その4


スポンサーリンク

 

思ったより長くなってしまいました。具体的に人物像あげるともう一人遊びの様に楽しくなってきました。すみません、まだまだ続きますw

お目汚し恐縮ですがお付き合いよろしくお願いします。

 

 

www.bksbba.com

 

 

www.bksbba.com

 

 

www.bksbba.com

 

 

 

 

前回までは、赤青だいすき、に【関係欲求】が芽生えてきたところまでお話しました。

 

それにしても、浩次はいつもどうやってみどりにご自身の考えを伝えているのでしょうか。普段の生活でもあまり本心を言えてなさそうですね。そのあたりも気になりますね。それはまた後の話として、砂原浩次の話をすすめましょう。

 

関係欲求が芽生えながらも、ブロガーとしては無力な自分を責めている「赤青だいすき」ことKOO1008砂原浩次。

 

そこで、もっとやりとりの簡単なツイッターを見てみることにしました。その時点まで、赤青だいすきは、ツイッターにはブログの更新情報のみを流していて、どんな人がうごめいているか詳細を読み取ろうとはしていませんでした。

 

衝撃でした...。

Shock

 

一番の衝撃は、俺に読者登録を返してくれない大御所ブロガーが、誰かが自分について言及すると、リツイートをして、互助会のように告知をしていることでした。いや、互助ではないです。餌付けです。だって、その言及した人はさらに

 

「紹介していただいてありがとうございます。おかげで、昨日は1800アクセスありました!読者も30人増えました。これからもよろしくお願いします。」

 

と永世忠誠のツイレスしているのです。俺の取り入り方がまちがっていたんです。

 

ハピタスでダウンについても意味がなかったんですね。たんなる養分でしかなかったんですね…。はい、そうですか…。

 

そして、【赤青だいすき】なんてシンプルな名前を付けているひとなんかいないんです。(赤青だいすきも十分複雑な気もしますが、KOO1008こと砂原浩次はそれに気づきません)

 

否。

 

確かにいるのはいるのですが、「たま」とか「あゆ猫」というシンプルな名前を名乗っている方は、「ダイヤ」、「RTW」、「タッチ」、「変態」、「鯔釣ったゼ」、「イベリコ豚」などをつぶやいていて、ナンノコッチャ?、もうジャーゴンの嵐で秘密結社のようで近寄れません。だれも「家族でハワイ」などはつぶやいていません。触ったらやけどしそうです。

 

ネット社会ではそこそこやれると自負のある赤青だいすきことKOO1008こと砂原浩次は、もともとツイッターは文字数も限られていて、「表現の場としては未熟」とみなしていたので、今まで詳しくみていなかったのですが、ヒトの動きはここにあったのです。自分のうかつさを悔いました。

 

さらに衝撃だったのは、多くの方が、

 

tenpura@SPGプラチャレ来月初HELアジア周遊

 

のように、全角半角混在な英文字列、かつアメブロでは場所を示すのすら否と言われた@マークを使ったハンドルネームで闊歩しているのです。

 

そもそも、なんだ、tenpuraって、tempuraだろう、と。ヘボン式のルールも無視です。それでもお構いなしでクソツイをまき散らしています。でもクソツイをまき散らしているほうがにぎわっているのです。

 

そして、4日間週末をはさんで観察したのですが、その短い間にも、@以下の部分を自分の居場所を示すGPSのように変更しているのです。HND、KIX、SIN、KUL、CGK、BKKとここでも半角全角イブコンで都市名を入れ込んでいます。

 

ツイートでは、残り12735PPと、全くマイルストーンでもなんでもない数字ですら得意げにさらしています。ジョハリの窓がいうところの開放領域MAX状態です。

 

俺は、無駄な自己開示*はしない...。それがインターネッツの常識だろう??なんだこいつら。イミフすぎる…。
(*自己開示とは自分を知ってもらいたい、という欲望のもと、真実の自分を他者に示すことをいいます。一方、自分をよく見せたいなど他人への印象操作を意図し、何らかの操作をした自分に関する情報(ウソ、ハッタリなど)を含めて自分の情報を示すことを自己呈示といいます。)

 

 

砂原浩次、ツイッターにて「俺の既存思考」への黒船襲来。激ヤバ。そしてつづく。