BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

マイラーの自己ネーミングに関する考察 その5


スポンサーリンク

 

 

 

 空は続くよどこまでも。記事も続くよどこまでも。この続きです。

 

 

www.bksbba.com

 

 

 

tenpura@SPGプラチャレ来月初HELアジア周遊

に衝撃をうけた「赤青だいすき」ことKOO1008砂原浩次は、自分のここまでのインターネッツ・ライフを振り返っています。

 

言葉で表すなら、シンプル・イズ・ベスト。

 

そして、新入社員のときに、上司に無理やり連れて行かれたカラオケで意外と好きになった歌から、座右の銘として心に刻み、ここの発音だけはちょっと自信がある

 

『アイ・ディdッt・マァーイ・ウェーイ♪♪』

 

この二つをずっと心に留めてインターネッツの海を泳いできた。俺のやり方で。そして俺は鉄道関連掲示板の副管理人まで登りつめた。

 

どんなに具合が悪くても決して安易な自己開示はしない。それが漢(と書いておとこと読む)だろう?ちがうか?

 

家族情報だってそうだよ。そもそも、みどりは昔はかわいかったけれど、今はもうオバタリアンになりつつある。すこしでもこぎれいにして着飾れば素材は悪くないのに、イオンで最終値下げになった服しか買わない。もちろん、俺にすら、はるやまの赤札しか強要しないセンスのない女だ。

 

みどりの白髪も気になる。「脇にまで白髪があるのは、アベのせい」と風呂上りに言うのは、冗談のつもりらしいけれど、笑えやしない。枝毛だらけだから冬の光にあたるみどりを後ろから見ると綿帽子をかぶっているみたいで、画像なんかとんでもない。

 

子供たちはかわいいし、いとおしくおもう俺の分身だけれど、長女に習わせてるボルダリングは金ばっかりかかってどうなっていくのかイメージできない。長男はくもんをさぼってばかりいて、まだひらがなもおぼつかないからとても他人様には画像つきでさらすことなんかできない。万が一でも、いいねの強要拷問になったらKOO1008のキャラクターが成立しない。

 

ここまでいろいろ思慮深い、俺、砂原浩次は、実社会では【やすまず・さわがず・さぼらず】で会社勤めをしている。家族のためだ。義理チョコだって毎年10個はカタイくらい皆に認められている。有休だって毎年捨てている。そして、今、家族をハワイにビジネスクラスで連れて行こうとあがいている。それなのになんだ?

 

tenpura@SPGプラチャレ来月初HELアジア周遊

 

のほうが、赤青だいすきよりよほどフォロワーも多いし、人気がある。リツイートが14もあるポストもある。

 

おい、tenpura、お前はいったい何者だ??、お前のやってることは百歩譲っても、ツイッターじゃあなく、swarmだろうが!!自分語りもほどほどにせいや!と一人小声でつぶやいて、怒りをおさえ、気を取りなおし、tenpuraさんのツイートをストーカーのように見返してみるとあらたなキーワードを発見!!!

 

同期会!! カンーパーイ!!

f:id:bksbba:20170525132846j:plain

 

そう。tenpuraは手動GPSで自分の居場所を示し、人と予定をあわせたり、そのあたりにいる上級会員にコバンザメして、高級ラウンジに入ったり、寸暇をおしんで、とにかくオフ会をしている!!いわゆる、「飲みニケーション」をおこなっています。

 

これこそ、KOO1008の最も得意とするオンからオフへの接近戦!!!

上司に無理やり連れて行かれて、頭にネクタイをまいて新橋で嘔吐するまで泥酔した過去が生きる瞬間!!!

 

そうか!オフ会か!オフ会にいくことが、マイル収集をアクセラレートするんだな!!俺の存在を人に知ってもらえるんだな!!同じ時期に修行をすることをアピールしなきゃ認めてもらえないんだな!!

 

赤青だいすき@SFC2018修行中HIJ往復済次回KULタッチ2回海外発券ビール♡

 

とうとう、砂原浩次は脳内禁忌をやぶってしまいます。シンプルじゃない道をえらぶ、ひとつの転機を迎えます。

 

赤青だいすきは迷わず、ツイッターの名前を変えました。昔、ちょっとハマったヤフオクで培ったとにかく何でもキーワードを入れ込む方式を用いました。tenpuraのマネをして、半角全角を混在させました。同時にプロフィールには、

 

「初心者(^^)SFC2018挑戦中なおじさんです。家族でハワイに行くためにマイルを貯めています。ホテル修行にも興味があります。ビール好き。楽しく情報交換させてください。」

 

と書き添えました。ここまで自己開示をすることは恥ずかしかったですが、鉄道でのキャラ設定とのかぶりもありませんし、思い切ってやってみました。

 

そして、SFCの修行を優先することも決めました。クアラルンプールのタッチも海外発券も予約しました。クアラルンプールについたらKLCCで写真を撮ろうと経路も調査済み。石垣がどこにあるのか地図も確認しました。冒険をしている気分です。

 

それもこれもオフ会に参加するチケットを手にするためです。やっと光明が見えてきました。オフ会に行けば、きっと「赤青だいすき」という名前を人々に呼んでもらえ、それで、マイルが貯まるようになるはずだ!!

 

あ。SFCを選んだ理由も付け加えておきましょう。広島行きで、JALのクラスJには食事がついていないのに、ANAのプレミアムクラスには食事があったからです。国内線で機内食が出るなんて未知の世界でした。その食事が「箱飯」(クリックしてね♡投稿お待ちしております。)と揶揄されていることなど、今はしるよしもありません。

 

 

まだ続いちゃいます。なげーよー。

 

(あなたへのメッセージ)

砂原家御用達の、イオン、はるやまときているのに、なぜ、waon使わないの?って疑問をもったあなたは正しいです。よくお勉強されていますね。

 

ポイント解説)← ココ大切!

ここまでで、KOO1008こと砂原浩次は【生存欲求】を確保し、【関係欲求】の芽生えが見て取れました。

今回はその欲求をみたすために、砂原浩次は、「tenpura」から「学習」しています。

この学習とは単純なお勉強のことではなく、行動療法でいうところの学習です。楽しそうにひとと関係性を保っている「tenpura」から、同じようになりたいという願望を持って、tenpuraをひとつのモデルケースととらえ、赤青だいすきは学習(マネ)をしていくのです。

ここにいくまでに、レヴィンがいうところの「葛藤」が生じていますね。これは、「接近ー回避」型の葛藤で、「虎穴にイラズンバ虎児をえず」状態です。砂原浩次にとって、禁忌をやぶるほど、tenpuraが手にしている成果物が魅力的で、勝ったと説明できるでしょう。