BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

恋愛SPGアメックス21 その2


スポンサーリンク

 

 

恋愛SPGアメックス21 その2

 

「久しぶりですし、ちょっと聴いてもらいたいこともあるんで近々どうですか。」

 

すぐに、今夜でもと言いたかったけれど、今日はみどりが職場の飲み会で遅くなることがわかっていたからなるべく早く帰宅したい。明日、と返信。品川のエキナカで日本酒を飲むことになった。

 

 

くぅさんに会って、いろいろ、教えてテルミーテルミーと言うからには、自分も予習をしていかなければならない。ステイタスマッチはなんとなくしてあったので、俺はマリオットでもゴールド。ここからプラチナへの階段を上がるためには、どうしたらいいか。いろいろなブログがある。目を引くのは何と言っても、プラチナチャレンジの仕組みそのものよりも、その過程で遭遇したベネフィットを強調するものだ。

 

客室のアップグレード。そして寝坊した時も心配いらないレイトチェックアウト。

 

f:id:bksbba:20171023232913j:plain

 

限られた人しか入室できないラウンジでの飲食。腹減ったときも安心。

f:id:bksbba:20171211101614j:plain

 

同じチャレンジをしている人と偶然遭遇し、たのしく、カンパーイ!YEAH!

 

f:id:bksbba:20171217030141j:plain

 

そうか。この特典を得るために、9滞在すればいいんだな。よし予習はバッチリだ。

 

 

品川のエキナカは、結構日本酒もそろっているし、つまみもなかなか気が利いていていつも混んでいる。そこで会ったくぅさんとは、久しぶりといっても、ひと月くらいあいただけかな。年度替わりということもあって、お互い忙しかった。でも忙しいときでもいつも颯爽としているくぅさんは、今日は、なんだかちょっと疲れて見える。よほど重要なことを話したいのかな。

 

その割にはくぅさんの口は重い。だから空気を読んで、口火は俺が切った。俺なりのマリオットプラチナチャレンジの見解をのべた。するとくぅさんは俺を凝視した。

 

「知らないんですか?」

 

「は?9滞在でしょ。マリオットはオートグラフもマリオットでしょ。知ってますよ。コートヤードでもいいんですよね。もちろん、モクシーも。」

 

「あー。知らないんだ。新しいプログラムの概要というか、その詳細がでたんですよ。大きなプログラム変更の概要でしたから、もう、業界のレボリューションですよ。今日は一日、悲喜こもごもでした。泣いちゃった、ウーベイベーっていう具合のひともいましたよ。
まあ、とりあえず、チャレンジに関してはまだ変更は発表されていないのですがどうなるかわかりません。もし、存続したとしても、よく目にするブログに書いてあるような、アップグレードやらタダ飯は、期待しすぎないほうがいいかもしれません。タイミングの問題もあるから。あとは、安い料金を見つけて、値下げ交渉も、執念燃やすほどではないですよ。それにいつまで有効であるかわかりませんよ。ブログネタとしてチャレンジをやりたいならば、もう全然イケてません。アイデア勝負する場所もありません。でも、SPGアメックスの使い道としては、ひとつのあり方だとは思います。」

 

「はあ。変わったの?じゃあ、18万円かけてやったとしてもどうなるかわからないの?アップグレードや子供たちがプールでゆっくり遊べたりするわけじゃぁないの?」

 

なんて間抜けなことをまた言葉にしているんだろう、俺。不意をつかれるといつも間抜けになってしまう。

 

「うーん、あ!赤青さん、明日って、もしかして夜、時間とれます?」

 

「明日?うん。いいよ。それよりも、今日、くぅさんが話したいこともあるでしょう?それは?」

 

「ああ…。でも、赤青さんがプラチャレ考えていると思わなかったので、明日、また時間とってもらえるならば、それでいいですよ。タイミングがいい。明日もまた品川に、うーん、そうですね。17時半に高輪口でいいですか?成城石井のところにしましょう。」

 

「連荘になると奥さんも心配だろうから、今日は早く切り上げましょうか。あ。プラチャレの申し込みは明日会って、そこでもう一度考えて、明後日以降にしましょうか。」

 

くぅさんは結婚していたこともあるから、そういう気遣いができる。確かに連荘で遅いとみどりも面倒な態度をとるときがある。それはお互い様だからな。みどりが悪いわけではない。今日はあまり食べなかったからちょっと腹減った感はあるけれど、もう帰ることにしよう。明日はプラチナチャレンジの申し込みはしないでおこう。

 

 

つづく