【朗報】やっぱりJALは中高年の味方!JMB G.G WAONカード

関連コンテンツ スポンサーリンク

【朗報】やっぱりJALは中高年の味方!JMB G.G WAONカード

中高年が爆走修行をするということがこのブログの最近のテーマですw

中高年でもやれるってことを証明する中、常々、JLは中高年にやさしく、NHはつれないことをわたしは唱えてきましたが、それがカタチになって現れました(°∀°)b

たんに感覚ではなく、実際に、赤は、中高年を大切に思っているということの表れ。そして、誰が金を持ってるか知ってるってことですよねwww(わたしはまだ55歳になってないので、対象じゃないし、お金も持ってないんですけどねw)

画像はhttps://www.jal.co.jp/jalmile/card/GG/ からお借りしています。

いかがですか?この日本の美しい四季を彷彿とさせる、画像。中高年なら心動かされます。かなり狙ってますね。

そして、もう、わたしがGGI、BBAと言っているのを見越してるような、このネーミング(いや、ずっと前から、G.Gわおんはあったんですけどねw)、そして素晴らしい、依怙贔屓的な特典をご覧ください。

①マイルの有効期限が36か月から60か月に。

②クラJのe-クーポン3区間プレゼント

JALパックツアー割引

④おともでマイルが3000マイルプレゼント(~2016年3月31日まで)

⑤マイルフライトで最大4000マイルバック

⑥イオンG.Gデーで5%引き&マイル2倍

これすごくないですか?JR東日本のパスで、あれだけ若年層から中高年ひいきの批判がでていたのに、あからさまにやってくれるこの姿勢。でも、子育て世代の優遇はたくさんありますが、中高年以上の優遇はあまりありません。これは、中高年から資産を吐き出させて、国を活性化するにも役立ちますね!(テキトー

まあ、estのひいきもあったので、これはJALファンの方なら、寛大なJALを賞賛するだけでしょう。JR東日本みたいな批判はよもや受けるまい。

わたしがもちろん注目してるのはおともでマイルですwwうちのママンを借り出して、来年は修行しようかな、とかwでもやりはじめたら、ママンのほうがずっと元気な気がしたりしますww

そして、NHもこれをマネして、edynanacoかQペイとやってくれることを期待します。

コメント

  1. white より:

    SECRET: 0
    PASS:
    さすがですね~
    早く55才にならなくちゃ!!
    とはいえ、
    この後、つれないANAに搭乗予定です笑

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >whiteさん
    年をとるのも悪くないですよねw←なんかちがうぞw
    9月の国際線、楽しみですね。どこに行かれるのかな?

  3. アリー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    とりあえず入会しといて損は無いですね。
    親の分入会申込してみます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >アリーさん
    そう思います!意外とイオン買物マイル貯まります。

  5. しょじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これ、大ヒット間違いないです。
    僕はまだ会員になれないですけど、早く会員になりたいです。

  6. 行列 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もちろん
    申し込み済みです。
    申し込みがワンクリックでOKというところがすごい。
    WAONも焦りが見えますな。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >しょじさん
    ですよね。どんどん中高年にお金遣ってもらいたいですよね(笑)
    わたしはまず母の分を申し込みました。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >行列さん
    JALカードホルダーだとワンクリックですよね。
    クリック詐欺?(笑)←うそですうそです。
    イオン帝国もまあ。。(以下自粛)
    でも、イオンはわたしは個人的には大好きです。
    近かったら毎日でもレイクタウンに行きたいです(笑)

  9. momo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    イオングループは民主党の岡田代表の実家ですよね。
    唯でさえJALは民主党時代に良い思いして自民党に睨まれているのに仕返しされなければよいのですが。。。
    なんて冗談ですよ!(笑)

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >momoさん
    こわいこわい。momoさんがおっしゃると、極秘裏情報みたいで。
    でも、まあ、どの時代も高齢者をどう扱うかは同じ課題なので、許してあげてください(笑)

タイトルとURLをコピーしました