【閲覧注意】チェックインして部屋に入ってみると… 2017年12月xx日の出来事

関連コンテンツ スポンサーリンク

 

まず最初にご注意を。

決して、どこのホテルがどうした、ということではなく、こういうケースに遭遇した時のどうやってリカバーしたかという、ひとつのケースのシェアです。

なんでもかんでも怒らなくてもOK

ってことが主旨です。

どこのホテルが、対応がいい、悪いということが言いたいのではありません。どこのホテルなのかは探さないでください~。

 

 

 

2017年12月某日、某所にあるホテルにチェックインしました。

 

過去にも利用したことがあるホテルで良い印象しかないホテルです。当日も良い印象でした。

 

ところが部屋に入ってみると…。

 

コーヒーメーカーの横になぜか開封済みのペットボトル。

⇒ 「あれ?節約で、お水を使いまわしているのかな?でも衛生的にびみょーかも・・・」

 

f:id:bksbba:20180503174924j:image

 

なぜか、使用済みの歯ブラシがコップに立てかけてある…。

⇒ 「浮気系のチャラ男の彼女やってるときってこういうことあったよね。存在アピのための歯ブラシとか残留思念的に。でも最近身におぼえないし。」

f:id:bksbba:20180503174741j:image

 

使いかけの石鹸。そして、ご丁寧にその横に新しい石鹸。

⇒「そこまで石鹸使わないし、そもそも開封サービスとか始めたのかな?」

 

f:id:bksbba:20180503174810j:image

 

使いかけのヘアブラシ

⇒「やっぱライバルがいるってことかな?やっべぇ。」

f:id:bksbba:20180503174917j:image

 

そして、画像には収めませんでしたが、丁寧に並べられた使用済みスリッパ。

 

 

そうですね、これは清掃を連泊用でおこない、そのままその部屋に通されたということです。はじめは、「???」と思ったのですが、まあからくりがわかれば簡単。

 

すぐにフロントに電話しました。

 

おれ:

「あの。今いただいたお部屋キレイでいいんですが。なんというか、開封済みのペットボトルや、石鹸があいていて、こういうサービス始めたのかなって一瞬思ったりもしたんですが、どうもちょっとちがうな、と。どうしたらいいのかなと。」

 

フロント:

「すぐにうかがいます。」

 

速攻で来た方は平身低頭。別に実害もないし、イヤな印象もないホテルだったので、

 

おれ:

「これ、あれ?って思ったんですケド、さすがに。連泊用の清掃で間違えちゃってますよね、ってことであってますよね。」

 

スタフ:

「はい。申しわけないです。その通りです。」

 

おれ:

「はい、りょーかいですー。いちおう、このまんまだとちょっといたたまれないかもなんで、お部屋替えてもらえることってできます?」

 

スタフ:

「もちろんです。いったん、ロビーでお待ちいただいて(以下略」

 

と至極丁寧に対応してもらいました。ぎゃー、キモイー、やだー、と怒るまでもないことで、にこにこへらへらしながらいたら、お部屋を広くてステキなところに替えてくれました。

 

それでよかったのは、その後は何もなかったかのように、普通にしてくれたことです。某所でルーサーにカメムシ・イブコンがあったときは、翌日チェックアウトの時に料飲マネージャーまででてきて謝罪とかされてほんと逆に恥ずかしかったです。その場で気持ちよく解決してくれてよかったです。だからきっとまた利用することあると思います。

 

以上。おしまい。

コメント

  1. PECHEDENFER より:

    bks bba様
    私もGare de Lyonのすぐ横にあるNOVOTELで、経験があります。チェックインの後、部屋に入ったところ、ベッドを使った跡とサイドテーブルにコーヒーを飲んだカップが置いてありました。その他は完全に整備した直後という趣だったので、連泊客との混同ではなく、おそらく不審者の侵入です。Receptionに再び出向き、見たままを報告したところ、確認なしでかなり良い部屋へアップグレードしてくれました。この経験から学んだことは、不審者の侵入はパリでは珍しくないという事です。このNOVOTEL特有のことではないはず。そういうレベルの話に比べれば、御泊りになったホテルはずっと安心できそうです。トラブルが起きた後のフォローで実力が分かりますが、このホテルはまずまずだったようです。

  2. bksbba より:

    >地獄桃先生
    先生のご経験のシェアありがとうございます。
    それ、震えますね。おっしゃるとおり、決してそれが非日常ではないということですよね。
    カギをもらっても部屋に入って確認するところまでが自己責任のように感じました。
    ええ、このホテルのさらにすごかったのは、チェックイン時に部屋までのアテンドを
    「前も利用させていただいたことがあるので大丈夫です」
    とこちらから声掛けしたのを忘れずに、それを言い添えながら新しい部屋を準備してくれたことがあります。
    昔流行った言葉、ピンチはチャンス!のような対応だと感じました。

  3. momo より:

    私も同じような体験しましたよ。
    フロントへ電話してたら連泊中の部屋のお客さんが帰ってきました。
    私のケースは連泊中の部屋へアサインされてました(笑)!
    その後は超VIP待遇で間違われた方も同じような扱いだったようです。
    因みに東京の某有名ホテルでの体験です。

  4. bksbba より:

    >momo先生
    それ、めっちゃ震えますね。捨てられて雨にぬれる子犬よりも震えちゃう。
    それも東京でって、びっくりです!!!

タイトルとURLをコピーしました