【赤坂】jeecoというお店で肉食べてた

関連コンテンツ スポンサーリンク

2020東京飲食受難の年

本来であれば2020年は東京オリンピックが華々しく開催され、人々の景気もわっしょいであったはずですが、COVID19の影響で、そのわっしょいとは全く対極のものになってしまいました。

個人的には2019年秋くらいからあまりブログ活動をしなかったので、その時からしたためていた画像整理をしようとしたら、なんと、まあ、お店がいろいろと激流に巻き込まれていることが感じ取れました。

2019年10月赤坂

赤坂で予約なしで、ぱっと、ここいいじゃん、って入ったお店が、「jeeco」というグリルがウリのところだったようです。

お通し的なソラマメもイケてました。

シーザーサラダもしゃれていますね。

ポークのグリル頼んでますね。これビジュアル的にもgood。

ちょっとかげになっていますが、寄ってみました。ジューシーですね。キラキラしてる。

カットして完食しましたわ!!

お店の変遷

こちら、おじゃましたのが2019年10月。食べログはたぶんこちらページで残っています。掲載保留になっています。

jeeco (赤坂/ビストロ)
★★★☆☆3.24 ■赤坂駅徒歩2分◆A5和牛の炭火焼きと、200種類以上のこだわりのワインをお届け。貸切OK◎ ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

食べログの掲載保留というのはその場所で営業しているかどうか明確ではない場合にされる処置です。ふつうにみることも、レビューを投稿することもできますが、「本当にその場所で、書いてある営業内容で、現時点で営業しているかどうか確認がとれない」という意味です。

もちろん、コロナの影響があり、営業時間や営業内容はどのお店も流動的です。それを踏まえたうえでももっとわからないということでしょうね。

こちらのお店、レビューさかのぼると数年前から営業していたようです。赤坂のような競争が激しい場所で、続けるのは並大抵のことではないと思います。

確かに、食べた記憶では食べ物に訴求力あると思いますし、うすぼんやりの記憶なんですが、喫煙可能だったような気もします。テラス席もあるので、きっとそう。

赤坂駅徒歩2分◆A5和牛の炭火焼きと、200種類以上のこだわりのワインをお届け。貸切OK◎
当店では、上質なA5和牛を約200種類以上のワインとご一緒にお楽しみいただけます。中でも炭火で焼き上げる「A5和牛もも」は、人気No.1メニュー!歯切れがよく脂身も少なく、和牛本来のおいしさを感じることのできる一品です♪また棚に並んでいるワインはお客様自身で見てお選びいただけますので、お好みの一杯が見つかるはず◎お得な飲み放題付きコースも4,500円~ご用意しておりますので、ぜひご利用ください♪

食べログのお店PRでは、お肉がウリのおみせだったんですね。facebookページもやっています。

Jeeco+Rs
Jeeco+Rs - 「いいね!」15件 - Restrant

facebookを見ると、しかし、なぜか、2020年のはじめに、「jeeco+Rs」と名前をかえ、有機栽培・無農薬野菜をフィーチャーしたほうに動き始めます。前後して、マクロビビーガンに振れていきます。

何があったのでしょうか…。

そして、きっとコロナ禍…。緊急事態宣言。

4月の半ばくらいからは、テイクアウトに助六寿司を始めています。

そして、6月にはまた異なる場所で和食系の2店舗を始めていらっしゃいます。

ストーカーかよ、という追跡ですが、なんというか、すごい変遷ですよね。この努力と工夫に頭が下がるなぁと。負けてらんない、という思いがなんとなく伝わります

もともとの場所には、まだ店舗があるっぽいので、機会があったらチェックしてみたいとおもいます。たぶん、場所は近くに行けば思い出すとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました