BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

マイラーの自己ネーミングに関する考察 その7

 

このつづきですねん。

 

www.bksbba.com

 

 

すんなりと、食べログ3.7の京橋のカレーやさんで、16人集まって同期会を開くことができました。インドワインも飲み放題のコースにしました。YUURIママさんと相談はしましたが、お店は俺のチョイスです。

 

YUURIママさんはすでに子育てを終えた世代。バブル期に青春をすごした昔若かった尾根遺産です。パソコンのインストラクターをしていたと言っていて、ブログもすでにワードプレスに移行済なハイテクBBAと自ら称していますが、まあ、旧世代というところでしょうかね。正直なところは。「えっちてーえむえる」と発言されたときは少々萎えました。でも、みどりと話すよりも癒されている自分がいることも事実です。

 

多くは語りませんが、紫修行ができるということで、きっとご家庭も裕福ではないかとおもいます。

 

YUURIママさんは、決して美人でもないし、やや渡辺直美体型ではありますが、ニコニコしてかわいらしい声をしているので場が和んで助かりました。みどりもこれくらいニコニコしていればいいのにな、とおもったのはきっと俺が疲れているせいでしょう。

 

ちょうど、オフ会の前の週に、急な出張がはいり、思っているよりも早くANAマイレージクラブのブロンズ会員になることができました。はからずしも同期のカレーオフ会はそのお祝いの場にもなりました。YUURIママさんが気を利かせて、事前にお店の人と相談して、カレープレートにチョコレートで「ブロンズおめでとう」と描いたものを用意してくれて、インスタ映えするシーンとなりました。

 

Birthday Plate

 (イメージ画像)

 

その画像をアップするのと同時に

 

赤青だいすき@SFC2018修行中BRZカレーオフ同期会幹事

 

と名前も変更しました。臨場感がある、自己表現だと自分でも満足のいくものでした。いいねも過去最高92いいねまで来ましたから。 

 

みんなが「赤青さん、おめでとう!!」「JGCもやってみたら?」などと声にだしてくれて正直うれしかったです。

 

しかし、喜んでばかりはいられません。

 

このオフ会の目的は、同期を巻き込んで、自分自身を認識してもらい、情弱から抜け出すこと。そして、マイル集めに拍車をかけること。さらに、支払いを幹事権限でみんなの分をまとめてカード払いしてマイルをゲットすること

 

これにつきるはずなのに、YUURIママさんが、「まとめて、払っておきましたぁ♡」と断りなくANAカードで払ってしまい、会費を現金で徴収され釈然としませんでした。

 

おまけにYUURIママさんが、領収書まで個人事業主の屋号名入りでゲットしていたので、さらに違和感をおぼえました。

 

でもそれも、みどりに対して飲み込んでいることに比べればなんなく飲み込むことができました。YUURIママさんも埼玉県人で埼京線沿線なので、モメたくないという想いもあったからね。

 

帰りの埼京線では案の定YUURIママさんと二人きりになってしまって、YUURIママさんの本名が齋藤和子だということを知りました。

 

「サイトウのサイはむずかしいほう。ふだんは、かずちゃんって呼ばれているのよ♡」

 

と微笑んだ顔がかわいらしく見えたことは誰にも言えません。

 

もちろん、チャラチャラだけはしませんよ、この砂原浩次。ブログ更新とともに、マイル収集にもいそしみました。途中、広島に帰って、親戚一同と近所の人、広島に残っている同級生や後輩に、ANAマイ友プログラムを使って、ANAカードを申し込みをさせました。やはり地元です。あっという間にマイルが増えました。16万マイルももらえました。40人近く申し込んでくれたみたいです。両親の兄弟が多いのが功を奏しました。父親側9人、母親側5人、すべて存命ですから。10年くらい会っていないいとこも快諾してくれました。やはり小さなことからコツコツと、足でコツコツ稼ぐのが一番だともおもいました。

 

そして、ブロンズからはプラチナまでは思ったほど時間がかかりませんでした。もう一度、出張、それもシドニー0泊3日出張がはいってしまい、あっという間に見事解脱です。人生初の海外出張で解脱なんて感慨深いです。

 

みんなのブログをチェックして行きたい場所をピックアップしました。オペラハウスの写真を撮ることはできましたが、フィリップスフートで肉を食べるのは次の宿題になりました。旅割で買っていた航空券をつかうことなくプラチナ解脱で、これはオーバーランです。

 

50Kppを超えた自分のアカウント画像をアップし、「GEDATU」とつぶやいたら、おめでとうのコメントが67件も入りました。やはりヘボン式にはこだわらないほうがいいのだな、ともおもいました。その頃にはあの大御所もブログの読者登録をしてくれていました。ツイッターも相互フォローです。

 

さらに大御所のアカウントが、俺に「赤青しゃん、おめでと。ダイヤまでいけそうですね。スイーツラウンジで会えるかな?」とツイレスしてくれたので、何ともいえない達成感をえて、思わず、ツイッターネームを

 

赤青だいすきしゃん@SFC2018解脱目指せダイヤはままっちょ

 

と酔った勢いで変えてしまいました。ハイパーKOOメソッドによると、本来ならばフィックスゾーンは変えるべきではないし、さらに、次に行く場所である、BKKを入れるべきだったのに。とはいえ、意外と好レスポンスが多かったのでそのままにしました。

 

そして、本来の目的である、家族でビジネスクラスハワイも射程距離内にはいりました。4人分のマイルに近い22万マイルまで貯まっていました。4人でハワイ、もうすぐです。

 

この時点で砂原浩次は目標にしていた25万マイルが先か、そして、後付目標のダイヤが先か、見失っていました。もう意識混濁の状態でした...。

 

つづく。

 

 

(ポイント解説)

直近の目標のみに注視しすぎるとついつい目的からはずれてしまうという良い例です。キャリア理論でいう先を見越した、中長期的な目的意識をもった人生設計を描くということとはかけはなれてきています。そう言った意味で砂原浩次、見事なまでの迷い人になってしまっています。アルダーファーの言う【関係欲求】に執着すらあるように見受けられますね。ましてや、大御所からのレスに「達成感」をえて、ツイッターの名前までそのレスに呼応した形にしています。家族でハワイは忘れていないものの、それを達成した時には...。さあ、ここからKOO1008はどうなっていくのでしょうか。