BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

マイラーの自己ネーミングに関する考察 その12

 

 

こちらのつづき。

 

 

 

www.bksbba.com

 

2018修行同期のYUURIママさん、そして、カナダにワーホリ経験もある語学堪能で、砂原浩次と年齢も近い田町勤務、すでに紫ダイヤを達成しているくぅさん。

 

なぜ、YUURIママとくぅさんが手をつないでスイートチェックインへ???俺、何が起きているのか把握できない。そんな砂原浩次。

 

二人が同じフライトなのかどうかそこを確認することもできずに、自分が乗るANA463までプレミアムラウンジで待つ赤青だいすき。ANA993のゲートに行ってそっと見てみればわかるけれど、そんなことはできなかった。どんな反応をしたらよいかわからない。

 

たまたまANA463はWIFIが使える便。普段だったら、「なう」的にツイートの嵐のはずなのに今日は秘密のOKAだから沈黙。ただYUURIママにはDM。

 

「繰り上げ成功しました。463で10時45分OKA着予定。どこで合流しましょう?」

 

それだけ送って食事を楽しんだ。いや、本当は味なんかあまり良くわからなかった。皿にもられた食事だってこんな気分だったら舌にざらざらするだけ。とにかく写真だけ撮れればいいや。

 

「12時にジャッキーステーキで♪」

 

YUURIママさんからの返信はOKA到着後確認した。ちょっとだけ時間があったので、ポータマの位置を確認しておいた。到着口のすぐ横。

 

そこからゆいれーるで小禄にいき、イオンでおみやげを買った。今回はお義父さんにも何か渡したいし、沖縄限定のポテチはみどりも喜ぶだろうから。

 

俺がジャッキーステーキに着くと、YUURIママとくぅさんがすでに待っていた。平静を装って笑顔で「おつかれさまですー」と言って合流。なぜ2人でいるかなんてヤボなことは尋ねない。

 

すぐに案内され、YUURIママとくぅさんが隣に、俺が向かい合って座った。きっと俺が荷物をもっているせいだろう。オーダーを済ませるとすぐさま、

 

「ご家族に何かあったんですよね?ハワイ行かないって言われたんですか?それとも修行をバカにされたのですか?」

 

「えぅっ....」

 

「守護霊がそう言ってます。フフッ、ウソです。ツイ見てればすぐわかりますぅ。」

 

「いや、僕もずっと言っていいものかどうか、でも言わないといけないと思ってることがあって…。」

 

くぅさんまで何を言うのだろう?気になって、小皿のスープの味がわからない。

 

 

「あのぅ。全否定って思わないでくださいね。

ビジネスクラスで4席分同じフライト、マイルで取るのムリですよ。基本。それに休みのときは集中しますから、1席でも特典予約難しいです。ダイヤでもきついです。

みんな同じ動きします。ブログが増えて、もう猫も杓子も状態です。

なので、本当にマイルを上手に使っている人は、黙って研究して親しい人とだけ情報交換して、わざと逆張りのようにしています。僕もそうです。早く言わないとと思っていたのですが…。」

 

「赤青さん、一生懸命すぎます。私、年上だし、仕事柄、はっきり言うほうなので言いますね。マイルでビジネスの話だけじゃあありません。赤青さん、一生懸命だけれども、自分がどう映っているか、が、本来のどうありたいか、より勝ってますよね。相手にどう見えるかばかり気になってる。あまり楽しくなさそう。名前つけるのひとつとってもそれわかりますよ。くぅさんもいつも心配してますよ。」

 

はあ?なんで、YUURIママさんとくぅさんが俺のこと話してるわけ?半角全角ちゃんと混ぜてるの同じじゃない。俺の感じたことを読みとったようにくぅさんが続ける。

 

「僕も周りに合わせて、名前変えたりしてますけれど、かずちゃんにつなぐためですよ。ぶっちゃけ。」

 

はあ?なんで、かずちゃん?YUURIママさんでしょ?

 

「ね。だって。赤青さん、自分がどう見えるかのためだけに人とかかわってるから、その人がどんな人かあまり興味もたないし。私たち、結構かかわったはずだけれども、お互い×2で付き合ってるの全く気づかないし、話すスキマも作らなかったでしょう。ちょくちょくヒントは置いたはずです。気づいている人たくさんいます。悪いことじゃないけれど、これでは、ギブアンドテイク成立しないですよ。」

 

「え?つなぐって…?ギブアンドテイク?うちも嫁年上ですケド...。二人ともエコノミー?プレミアム?どっちで沖縄にきたの?PPはどれくらいつくんですか?

 

なんで間抜けな応答しかできないんだろう、俺。肉も食べないと冷めちゃうのに。

 

 

 

つづく。

 

YUURIママ、頼まれてもいないのに、いきなり砂原浩次をぶった切り。そして、まさかのバツ2カップル。くぅさんはなにをYUURIママにつなぐのか?いよいよ次回最終回。