BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

恋愛SPGアメックス21  赤青紫だいすき 砂原浩次 スピンオフ その1

 

 一部では大好評。同じ数くらい大不評の砂原浩次シリーズ。マリオット・SPG統合プログラムリリース記念スピンオフ。

 

恋愛SPGアメックス21

 

 

修行って魔物だな。とどまるところがない。足るを知らない。自分らしく、俺イズ俺を貫くと決めたものの、やっぱり目や耳は情報を追っている。

 

 

その中でも、赤青紫だいすきこと砂原浩次が一番気にかかっているのが、入手済のSPGアメックスの最大活用法として挙げられている、マリオットへのステマ&プラチナチャレンジだ。

 

 

自分がブログ記事を書いて、SPGアメックスの申し込みにクリック誘導できる筆力があればいいけれど、そんなものは俺にはない。たとえ筆力があったとしても、後発組としては、なにか目立つための花火が必要だ。それは俺にはできない。正直ダサい。

 

 

日記ならまだしもアフィリエイトや誘導クリックを目指していくには、3番煎じやしゃごコピーの劣化みたいな記事ではだめだ。そのあとで、距離感を縮める人海戦術な付き合いをしていくことでもしないとアクセスは集まらない。記事のためと資本を投下することもなかなか難しい。だからと言って、ツイッターで他人に教えてもらったことをドヤ顔で書くなんて、テツでならした俺にはできない。

 

 

ならばせめて、周りのみんなが享受しているベネフィットを俺もこっそり流れに乗って得たい。それでSPGアメックスに関する収支は手じまいにしたい。ならば、てっとり早く、マリオットのプラチナチャレンジだ。それをやってみたところで誰も不思議には思わないだろう。

 

 

まずは自分で調べる。石橋を叩いて渡るのではなく、まずは叩く前に、石の材質調査だ。そこから叩き方も変わるはずだ。すぐに目につくマリオットのプラチナチャレンジに命賭けてる勢いで更新しているブログもあるけれど、やはりそのような情報は下駄があるな。結局の目的はSPGアメックス成約だからな。甘言だらけだ。

 

 

そんなのにひっかかっても、別に何もリターンはない。実際なかった。俺は大御所のブログ記事からカードの申し込みをしたけれど、大御所が俺に反応してくれるようになったのは、別のポイントから。だから俺はいつも信頼しているくぅさんに相談してみることにしている。

 

那覇のジャッキーステーキでの出来事はバツが悪かったけれど、良薬口に苦し。ああやって、忌憚なく接してくれる二人には感謝している。その感謝の意として、俺は、YUURIママさんとくぅさんが付き合っていることを出し抜いたり、無視したりはしない。同じ埼京線仲間でもYUURIママさんを気軽に誘うことはしない。住んでいるところは近くはないけれど、くぅさんとつるむ方が気が楽だ。俺だって家族もいるし、ヘンな誤解は面倒。

 

 

自分なりにいろいろ調べて、うまくやりくりすれば、9滞在トータル15万円くらいでできそうな気もする。念のため、18万見積もっておけばいいんじゃないかな。でも、そんなときに、駆け巡ったニュースは、「SPGとマリオット統合後の新しいプログラム」と「SPGアメックス終焉か?」だった。

 

 

これが鉄道の切符の話だったら、砂原浩次、いくらでも「あるべき論」を説くことができるけれど、ホテル業界なんかド素人もいいところ。やはりくぅさんにきいてみようかな、と思っていたところに、珍しく、くぅさんから誘いのラインが来た。

 

「久しぶりですし、ちょっと聴いてもらいたいこともあるんで近々どうですか。」

 

つづく。