BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

マリオットカテゴリー5の壁 マリオットコートヤードソウル板橋 カテゴリー4 Courtyard by Marriott Seoul Pangyo 部屋

 

 

コートヤード板橋。部屋。こちらのつづき。

 

 

 www.bksbba.com

 

8階でチェックイン。デフォルトは韓国語だったのですが、英語にかえてもネイティブレベルでスムーズ。

 

プラチャレ中なゴールドだったので、ラウンジアクセスの説明やらもききつつ、チェックイン後に部屋へ。

 

 結構広い。

 

f:id:bksbba:20180504170614j:image

 

ワークデスク&空気清浄器、ポイント高い。

 

これだけ広いと作業もラク。しかしこの時点では自分のサイト

機内食クラブ Inflight meal photo club | 旅の楽しみ機内食 みんなの機内食情報を集めた機内食ブログです

の管理画面に海外からアクセスできる設定にしていなかったことには気づいていない。

 

アホやな。

f:id:bksbba:20180504170640j:image

 

大きな窓からの風景。テクノバレー。

 

旧正月なのでどなたも労働していらっしゃるご様子なし。

 

f:id:bksbba:20180504170721j:imagef:id:bksbba:20180504170752j:imagef:id:bksbba:20180504170819j:image

 

埋め込みTV。

 

待ち人が届くまで、これでスケートを観ました。

 

微弱スケヲタの友人とチャットしながら王者羽生のショートを観戦。圧巻だったのは素人ながら理解しました。しかし、とても興味深かったのが、こちらのTVでは、すぐさま、投げ入れられた無数のぷーさんが産廃のように無残に積み上げられている映像を抜いてきているのに、日本国内ではそれが時差をもって放映されたこと。

 

ファンへのお気遣い?それとも美学?それとも王者のキスクラを映し出すことでいっぱいだったのかしら。国民性の違いもあるかもしれません。

 

f:id:bksbba:20180504170854j:image

 

改めて見ると、広くてよいお部屋をいただいたようです。ありがとうございます。

 

f:id:bksbba:20180504170936j:image

みずまわり。

 

拡大鏡のあるホテルは神。

 

 

f:id:bksbba:20180504170954j:image

 

アメニティは南大門と同じだとおもいます。ここからは標準装備の話になるので、まあ、こんなものでしょう、というカンジかも。

 

f:id:bksbba:20180504171012j:image

 

f:id:bksbba:20180504171035j:image

 

f:id:bksbba:20180504171055j:image

 

 

f:id:bksbba:20180504171120j:image

 

f:id:bksbba:20180504171139j:image

 

f:id:bksbba:20180504171155j:image

 

f:id:bksbba:20180504171232j:image

 

 

 そうこうしてると、待ち人到着。飯食いに行った。

 

つづく。